WordCamp Tokyo2011に参加しました

ブログを書くまでがWordCamp東京らしーので、書こうと思います。真面目なやつとか、熱っぽい記事とか、そういうのは他の方にお任せして、ぼくが感じちゃったことを羅列しようかと思うんです。

ちなみにタイトル通り、参加しました。オレンジTシャツ着てスタッフしていました、実は。

こういうボランティアベースな(ボランティアという立場が介入するような)イベントごとは、経験則として色々と噴出するところがあるんですが(ex.某なんちゃら24)、今回は実に成功したのではないかな!と思いました。結果的な意味として。

参加者のみなさんが帰る際に「ありがとう」とか、「ステキなイベントでした」とか声をかけてくれたイベントは、他に経験したことないな~と、思い返しております。まあ、ぼくは恥ずかしくてこんな言えないですけど、言われると照れちゃうよね☆

あと、スタッフ内での温度差があまり無かったのも印象深いかなーと。だいたい何かそういう温度差作ってられるほどの余裕無かったのもありましたが、みんな一丸となっていたのは素晴らしい運営陣営だったと自画自賛。けどまあ、イベントを完了させるというゴールはあっても、かなり的確な目標が有ったかと言われると(まあ1000人レベルのイベント運営するなんて不安なんでそんなことやってられねえけど)無かったので、この辺はバシッとやっちゃうともっとモチベーション高くいけちゃうんじゃないかな~と。

これで分かったのは、あとはもっと運営側がさらに熱くなれば、着いてきていっしょに盛り上がってくれる人たちがいっぱい居る、というところでしょうか。参加者の反応がかなりレスポンス良かったのが印象深いです。WordPressの敷居が低いのもあるのか、そういう文化圏なのか、様々な年齢層・職層の人が集ったから、なのかなぁ。

あと、個人的な話ですけれども、知り合いがほとんど居なかったのもおもしろかったです。いやあ、珍しいものです。ついでにぼくはスタッフで何やってたのかというと、うーん、何してたっけかなぁ。とりあえず声を張り上げておめえら弁当チケット交換して順番に喰えよとか言ってました。ああ、朝来た人は、会場の2階受付でいきなり挨拶してきたヤツがいたと思うんですが、それたぶんぼくです。あと親睦会後にエレベーター降りたときにおまえの首にかけてるカードぜってー返せよマジで、と叫んでたのもこの僕です。イラッとした方がいたらごめんなさい、忘れてください。。

ちなみに受付でこうやって挨拶していると、笑顔で返してくれる人とか、イヤホン付けててもとって聞いてくれる人とか、一切ガン無視でなんだかなぁという人が居て、それも見ていて楽しかったです。こういうイベントに参加するときは、実は他人から良く見られているんだ、と考えておいたほうが身のためかもですね?。

それはともかく、ぼくとしては次も参加したいな~ってところで~す。ハイ。

オーディオベーシック Vol.60に出ました

例の3月11日グラグラで、TANNOY ARDEN Mark2がどったんしちゃいまして、ばっくりしちゃったんです。写真のとおりです。

まあそれで、TEACさんが9月まで半額での修理を致してくれるということで、ありがたくお願い致しました。

そしてまあ、調子にのって取材に同行して一緒に見学させて頂きました!TEAC製品の修理を行っているMTS修理センターへ行っちゃいました!

職人さんの華麗なる手さばきによってみるみると蘇る3828。大興奮してしまいました(含む取材班!)。たとえば、なんか道具を取り出しただけで「オー」、ネジを外すだけで「オォー」、真新しいリコーンキットが出てきたところで「ウオオォー!カッケー!」、ボンドをフレームに添付すると「オォオー」、ついにリコーンパーツをフレームに接着して「オオー!!ブラボー!」と拍手喝采の我ら。工場の一角で大変お騒がせ致しました。。

そうそう、特殊なボンドでフレームとコーンを接着しますが、職人さんはずっとそれを作業の片手間に監視して、固まるまで(およそ1日かかるらしい)ずっと位置を手直しするんだそうです。頭があがりません!

オールドさんはニューマンへ

そういえば、この取材後に、某Stereo誌の自作ユニットP-800を作りまして、だいぶ苦虫をかみつぶすような顔をしながら苦戦したものの、なかなか、、どうした?という出来映え。小さいのでもうまく出来ないなら、自分でやらずにお願いして良かったなあ!とか思っちゃうのでーす。

修理は実際は1週間ぐらいで、修理した作業後にきちっと職人さんが音の調整を行った後に届きます。至れりつくせりな感じで、正規の値段がお高いのも頷ける内容です。しかし震災とはいえ半額対応のご厚意が無ければ大学生には無理なお値段でした…ハイ。そうそう、このTEACによるご厚意は9月30日までなので、悩んでいた人も知らなかった人も、急いでネ!!

写真の通り、あのクルトミューラー社の紫が蘇りました。といってもこのアーデンはマーク2なので、再転生?いわゆるゴッド?違うか。でもアーデンが発売されてうん十年たっているので、今、紫の鮮やかなアーデンは貴重かと思うので写真を載っけておきます。相変わらずごちゃごちゃしてますが。。

アーデンにお友達が増えてる気がします…気のせいじゃない

音はだいぶ最初はもったりとした(比べる音が以前の乾ききったコーンだし)音でしたが、エッジのハリが戻ったからか、お肌のハリが良くなったようです。最近ではちょっと低音のバランスを崩すようになってきてまして、エージングの途中であることがよく分かる感じえす。この後、高音域が悪くなって、次第に直っていって、あと半年か1年後ぐらいにはウォーミングアップ完了みたいな感じですかね?期待期待。

その前に、ユニット以外のエンクロージャなどのメンテナンスもしてあげたいし、そもそも配置換えしたいし、それよりもまずアーデンの下にMDFかベニヤかしっかりと敷いてやりたいし、やることはまだまだありますね。ああ、真空管アンプも。おっとアナログプレイヤーも??

取材でTRIODEさんから貸して頂いたTRX-PM84は、USBインプットがついでいるのでリビングでMacを開いてUSB繋いでiTunesで聴けます。便利便利。ぼくが言わずもがなTRIODEのしっかりとした真空管の音なので、濃厚なのに古臭さみたいな濃厚さとかじゃないし、そこはさすがだな~と。

ちょっと前までコンビを組んでいた某青くて銀銀ななんちゃらトーンというスピーカーケーブルをつかいましたが、やっぱり合いますね。あんまりこの青くて銀銀好きじゃないんですが、結局使ってました。定位を出すには便利なケーブルですね。

ワガママをいえば、DAC付けたのであれば光オプティカルとか付けて頂けると、AppleTVからinpush出来るんで、、ぜひ一つお願いします!的な感じでした。結構良い感じなDACで、USBインプットでAppleロスレス with iTunesで再生してて不満はありませんでした。もったいないのん。。そのうちTRIODEなDACが出るのかな?という思惑でしょーか?しかし最近のPCオーディオにはピッタリなので、使いやすいなあと。

えーまあ、そんなこんなでアーデンの顛末を炭山アキラさんに取材されてしまいました。えらいお恥ずかしい。でもまあ、まあ出来ましたらオーディオベーシックをお手に取って下さいませ。このご時世、オーディオ雑誌を書店で発掘するのは大変困難な事であろうと思われますが、経験則でおそらくジャンルとして雑誌棚の「趣味」もしくは「音楽」の棚にあると思うでござる。

この取材がきっかけで類はトモを呼びつつあるのは、また別な機会にでも…。自作関係もユニットも蓄えてるんだけど箱作ってないし、ぐぬぬ。ああそういえばPARCのDCU-F122W再販売予約してますね、アレは良い物ですからとっとと買うといいいいんじゃないかなーーー。

というわけで、取材でお世話になった炭山さん、小林さん、TEAC(ESOTERIC)とMTSの方々、TRIODEの方々、大変お世話になりました。ありがとうございました。

みなさんも地震対策はしましょー☆

cactiにPlugin Architecture v2.2などを入れると管理画面に入れなくなる

なんか胸糞悪いcacti様を弄っていて、CentOS上にyumから入れたcactiにPlugin Architecture v2.2などを入れて遊んでいたら、悲鳴を上げて管理画面が500 Internal Server Error。逝ってよし!(…さすがに古杉か)

あぱっち様のエラーログをたどっていたら

[Tue May 31 08:00:50 2011] [error] [client 220.100.98.70] PHP Parse error:  syntax error, unexpected '}' in /usr/share/cacti/include/top_header.php on line 93

と言われて居たので、このファイルを見てみると、if文に対してのelseがあったのに、そのifが無かったのでなにをelseなんだい的な感じになっていてアレでナニ。しょんぼりなので、<?php } else {?>と<?php } ?>を消し去ってあげると、管理画面も見れるようになった。

たぶんPlugin Architecture v2.2の.diffファイルがおかしいというかもう何でも良いわ。だる。そういえばこのプラグインダウンロード出来ないんじゃないと思ったんだけど、cactiuser.orgの横のメニューは「Downloads」なのね…。

gem install rmagickするとchecking for stdint.hでコケる

rmagick死ねカス。

さて、centos5に、ImageMagickが公式バイナリとしてrpmで出している6.6.9を(ImageMagick-develも一緒に)突っ込んである環境下で、rmagickのためにgemでインストールしてみます。ちなみにRuby1.9.2の環境。

[root@samidare ~]# gem install rmagick
Building native extensions.  This could take a while...
ERROR:  Error installing rmagick:
        ERROR: Failed to build gem native extension.

        /usr/local/bin/ruby extconf.rb
checking for Ruby version >= 1.8.5... yes
checking for gcc... yes
checking for Magick-config... yes
checking for ImageMagick version >= 6.4.9... yes
checking for HDRI disabled version of ImageMagick... yes
checking for stdint.h... *** extconf.rb failed ***
Could not create Makefile due to some reason, probably lack of
necessary libraries and/or headers.  Check the mkmf.log file for more
details.  You may need configuration options.

Provided configuration options:
        --with-opt-dir
        --without-opt-dir
        --with-opt-include
        --without-opt-include=${opt-dir}/include
        --with-opt-lib
        --without-opt-lib=${opt-dir}/lib
        --with-make-prog
        --without-make-prog
        --srcdir=.
        --curdir
        --ruby=/usr/local/bin/ruby
/usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:368:in `try_do': The complier failed to generate an executable file. (RuntimeError)
You have to install development tools first.
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:452:in `try_cpp'
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:834:in `block in have_header'
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:693:in `block in checking_for'
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:280:in `block (2 levels) in postpone'
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:254:in `open'
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:280:in `block in postpone'
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:254:in `open'
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:276:in `postpone'
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:692:in `checking_for'
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/mkmf.rb:833:in `have_header'
        from extconf.rb:193:in `'

Gem files will remain installed in /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/rmagick-2.13.1 for inspection.
Results logged to /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/rmagick-2.13.1/ext/RMagick/gem_make.out

まじ、カス。ぐぐると、ruby-list MLにこのような記事が見つかり、同じようにしてみると

# vi /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/rmagick-2.13.1/ext/RMagick/extconf.rb

  $LOCAL_LIBS = ENV["LIBS"].to_s     + " " + `Magick-config --libs`.chomp
->  # $LOCAL_LIBS = ENV["LIBS"].to_s     + " " + `Magick-config --libs`.chomp

checking for ....
...
creating extconf.h
creating Makefile

======================================================================
Mon 16May11 01:54:51
This installation of RMagick 2.13.1 is configured for
Ruby 1.9.2 (x86_64-linux) and ImageMagick 6.6.9 Q16
======================================================================

このようにMakefileが生成できた。出来たんだけどmake installじゃないんだろうしmake通っても、どないせいっちゅうねん。

まじrubbishだわ。.bash_profileなどにPATH通したりもしたけどうーんこ。まじうんこ。RMagick非推奨で今後はいこう。個人的には一生ご縁が無いだろうし。

追記;Makefileあった…。 /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/rmagick-2.13.1/Makefile 、なのでmake && make installしてみたが、、わからん。irbからrequire ‘RMagick’するとerror。もういいや。


Ruby1.9.2でrdoc-data –install出来ない件について

CentOSの上に、ソースからbuildしたRuby 1.9.2を突っ込んでRuby on Rails3のためにrdoc, rdoc-dataをgemからインストール。rdoc-data –installしようとすると

# rdoc-data --install
/usr/local/lib/ruby/1.9.1/fileutils.rb:121:in `chdir': No such file or directory - /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/rdoc-data-2.
5.3/data/1.9.2 (Errno::ENOENT)
        from /usr/local/lib/ruby/1.9.1/fileutils.rb:121:in `cd'
        from /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/rdoc-data-2.5.3/lib/rdoc/data.rb:52:in `run'
        from /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/rdoc-data-2.5.3/lib/rdoc/data.rb:41:in `run'
        from /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/rdoc-data-2.5.3/bin/rdoc-data:6:in `'
        from /usr/local/bin/rdoc-data:19:in `load'
        from /usr/local/bin/rdoc-data:19:in `'

となってしまって、rdoc-dataのインストールが出来ない。この状態は何かありそうで怖いのでがんばってぐぐって以下の対処をした。

# cd /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/rdoc-data-2.5.3/data
# ll
合計 12
drwxr-xr-x 202 root root 4096  5月 15 20:52 1.8.6
drwxr-xr-x 202 root root 4096  5月 15 20:52 1.8.7
drwxr-xr-x 202 root root 4096  5月 15 20:52 1.9.1
# cp -pR 1.9.1 1.9.2
# rdoc-data --install

つまりrdoc-dataの中の1.9.1用を1.9.2で使うためにcp -pR。これですんなりrdoc-dataのインストールが完了した。

もしそれでもダメなら、rvmとかriとか、zlib-develとかが無いのかもしれないのでテキトーに入れればいいと思いました。

しかしgem install railsやると必ずfile 'lib' not foundとなるのはキモイ。さすがRuby(偏見)

あーあめんどくせえ~

PARCサウンド鑑賞会に出展したよのまき

例のソレに参加しました。無塗装無頓着な状態は僕だけで、とっても手抜派ズボラ系アピールには良かったんじゃないかな~説。

つくばから運ぶのに、途中でギブアップするかもしれないから覚悟してねメールをkeikさんに出して、必死に運んで筋肉痛いんですけど、がんばって良かったなぁ~って感じです。keikさんには(現在進行形で)お世話になりました。

皆さんそれぞれ性格や個性がにじみ出る作品ばかりでしたが、結局どれもこれもPARC Audioなので傾向は同じところへ収束。類は友を呼ぶ。灰色の音色なスピーカーがあったり、アルファー波とか意味不明ながらバリバリ効果感じちゃったり、ネットワークボックスは重要な鳴りの要素であることを再認識したりなど致しました。

ということで、スピーカー自作派な皆さん、何を躊躇しているのか知りませんが出展しましょう!ってことです。次回もちゃんと用意しているみたいですゾ。こうご期待。

個人的には、アナウンス大賞とか勝手に頂いた程度には会場を沸かせることが出来たみたいで良かったんじゃないかなあと思います。何も特性計算していないスピーカーで、ましてやPARC Audio界隈というバスレフ信仰の強い教組の中で、バックロードホーンを先入観無く聞いて頂く導入を作れたんじゃないかと勝手に満足。

しかし自分のスピーカーも意外とバスレフダクトのおかげで、そこまでネガティブな意味でのバックロードホーン臭がしなくて、良いんじゃないかなぁとか色々思ったり。ユニットがよろしいと、よろしい箇所を説明するのも省けるしネ。

ぼくにはバスレフの出す低域って、聞いてて怖いんだよね~。

あ、わざわざ検索してまで、ここを見てくださっている人も居て、ちょっと嬉しかったです。せっかく俺様が図面引いたのでぜひ作ってくだしあ!

無塗装スピーカだと、「塗装はしないの??」というのと、「塗装しなくてもいいのは気が楽だよ」というので見る側の意見が二つに分かれているのはおもしろいかも。

帰りに東京八重洲口地下の立ち食い鮨屋で一人鮨を洒落込んだのだけど、一人でたべるのも良いもんですねえ。